角印は目に付くはんこです

社印イメージ

会社をはじめる、起業する際には自分でいろいろな手続きをしますが、中でも印鑑を準備をすることは重要な作業です。
会社の起業の際に法務局への登記登録の時に、会社の実印とする印鑑が必要になります。
そのためその時までには実印になるべき印鑑を準備しておかなくてはいけません。

そして何より、印鑑に入る会社の名前を決めなくてはいけません。
会社の名前がなければ印鑑には会社名が入りません。

印鑑への会社名といえば、法人印の中には「社印」という四角いはんこがあります。
これはいわゆる認印のような役割のはんこではないでしょうか。会社で発行する領収書や請求書などに、会社の名前と一緒に社印を用いて押印します。

社印、このはんこは四角い形なので「角印」と呼ばれています。この角印の四角の中いっぱいに会社の名前が入ります。
会社の名前は、縦書きで右から左に彫刻されます。
会社名の文字数でバランスをとりながら彫ってもらうのですが、そのバランスによって、社名の最後に「印」や「之印」という文字を入れていくんだそうです。

この角印は会社の名前が大きく彫られたもので、会社そのものを表すものです。領収書や請求書などで、会社の名前の横に四角いはんこが押されているのを見たことがないですか?それが角印です。

こうやってこの角印というのは人の目に付く機会がとても多く、そのため会社を表す印鑑だともいわれているのです。
実印のように役所などへの届出というものを必要としませんが、実印同様、非常に重要な役割を持つ印鑑なんです。

〔お役立ち!便利グッズのご紹介〕

オフィスで大活躍のサンビーデーター印。
選べるサイズや書体が豊富で、さまざまな日付表示に対応できます。
さらにインクのカラーもオーダー可能!

データ印のオーダーなら《サンビー館》へ

ページの先頭へ